第三十七番霊場 如意山 大輪寺

〒307-0001 結城市結城1139

TEL 0296-33-2342

【 真言宗豊山派 】

本 尊:如意輪観世音菩薩

真 言:おんはんどめいしんだまにじんばらうん

御詠歌:てをあわせ ねがいこめたる かんぜおん いつもかわらぬ じひのみこころ

 寺院紹介   

 

寺伝によれば、創建は安貞元年(1227)、結城朝光公が田川原郷大輪坊の僧・元観を招き坊舎を移築して大輪寺に改め、朝光公の帰依により結城家代々の祈願所になった。

元禄年間(1688~1703)には、僧・俊寿が中興し、藩主水野家の祈願所となり、中本寺として末寺二十二ヶ寺を有していたという。

近年、本堂の再建を始め、両祖大師堂、仁王門、鐘楼堂等が建立され寺容が一新した。この寺が管理している観音堂は、古くから桜の名所として知られ、開運、安産で名高い聖観世音菩薩が奉安されている。

 

この正観世音菩薩は延文元年(1356)、結城家8代直光公寄進によるもので、県指定文化財に指定されている。他には寺宝として大黒天像、経典13巻、経筥等がある。

アクセス

JR水戸線結城駅から徒歩10分

 

駐車場

無料 大型5台 小型50台

 

タクシー

結城ゴータク 0296-33-4141

 

御手洗

外トイレ有

 

授与品

霊場用具