第五番霊場 今宮山 蓮花院

〒379-2113 前橋市下増田町1626

TEL 027-266-1243

-前橋厄除大師-

【 真言宗智山派 】

本 尊:聖観世音菩薩

真 言:おんあろりきゃそわか

御詠歌:あかぎさん だいしのみてに みちびかれ ちょうじゅふくじゅを ねがうこのてら

 寺院紹介   

 

開山は天文2年(1533)玉泉上人、南天の虚空に聖観世音菩薩を感得し、京都仏師鈴木民部によって尊像が謹刻され本尊となった。明治21年には、川崎大師より本尊模刻の弘法大師像が分身として移遷奉安され、川崎大師第一分身となった。

 

本尊は、この弘法大師と聖観世音菩薩の2体。本堂は元禄3年(1690)に中興の僧・舜賀上人によって建立され、同年に萬民豊楽と五穀豊穣を祈願して、自らの手で謹刻した開運甲子大黒天も祀られている。近代までは大黒講も盛んであった。

境内には8mの福寿大観音像や6mの大地蔵菩薩、4mの大七福神が7体、大迫力の魔除け大天狗が鎮座する。いずれも石像で、写真撮影や絵を描きに訪れる参拝者も多く、見所が多い寺である。

アクセス

JR両毛線 駒形駅よりタクシーで3分(3km)

北関東自動車道 駒形ICより車で5分(2km)

 

駐車場

200台

 

タクシー

群中タクシー 0120-364-140 

 

授与品

御守、御札、その他各種

 

御手洗