第四十八番霊場 頂寳山 弘福院

〒299-0246 袖ケ浦市長浦駅前3-8-2

TEL 0438-63-4455

【 信貴山真言宗 】

本 尊:不動明王

真 言:のうまくさまんだばざらだんかん

御詠歌:ありがたや かずさのくにの なみきりの ひろくふくよぶ ふどうのくどく

 寺院紹介   

 

袖ヶ浦市は千葉県の東京湾沿いのほぼ中央に位置している。縁起によれば、天平2年、僧・行基が関東を巡錫していた折、相模の国より上総の国へ渡海の際、大風大波の難に遭ったという。何とか難を逃れんと心を澄まし読経をしたところ、海面が輝き逆巻く波間に不動明王が現れ、また波間に沈むと、風波が静まり無事に岸にたどり着くことが出来たという。

 

そこで菩薩は無事着岸の感謝の心をこめ、一刀三礼の念で波切不動の尊像を彫刻した。その後、時を経て江戸元禄の頃、市原郡山谷村霊光寺の僧が庵を建て、ご尊像を安置し海上安全、海苔の豊作祈願をしたという。

長く無住の時期もあったが、その間、地区の世話役らに篤く護られてきた。現在の本堂は平成6年に新築し、堂内には本尊不動明王座像の他、阿弥陀如来・観世音菩薩・毘沙門天・弘法大師像を奉安している。住宅地にある境内の寺山の緑は、ひと時の静寂を感じさせる。

アクセス

JR内房線「長浦」駅下車 徒歩15分

 

駐車場

無料 普通20台 中型2台

 

タクシー

姉崎タクシー 0438-62-2545

 

御手洗

屋内