特別霊場 高野山 東京別院

〒108-0074 東京都港区高輪3-15-18

TEL 03-3441-3338

【 高野山真言宗 】
本 尊:弘法大師
真 言:南無大師遍照金剛
御詠歌:ありがたや たかののやまの いわかげに だいしはいまだ おわしますなる

 寺院紹介   

 

旧東海道沿いの台地にあり、「弘法大師」の石標のある山門を入れば、正面に昭和63年建立の豪壮な本堂がある。堂内には元禄16年(1703)、本堂再建の際に造顕された弘法大師、左右に不動明王と愛染明王が奉安されている。

慶長年間(1596-1614)、徳川幕府が江戸に開かれると、高野山の在番所の寺として、浅草の日輪寺に寄留し開創したのがはじまりで、明暦元年(1655)に現在地を得て延宝元年(1673)に堂宇を建立した。

その後、元禄15年(1702)、災火により焼失したが、翌16年に復興、明治になってからは葛飾牛島の長寿寺の名蹟を移した。

長寿寺は推古天皇25年(617)、備後国世羅郡に勅願寺として創建され、僧・行基により信濃国深瀬(現在の松本市)へ移り、寛文4年(1664)には葛飾に移建された古刹。昭和2年高野山東京別院に改称し、住職は総本山金剛峯寺座主が兼務し、主監が任命されて別院の運営にあたっている。

アクセス

JR品川駅下車、「目黒駅」行バス、「高輪警察署前」下車徒歩1

駐車場

小型50台 大型10台

授与品

お守り各種・お土産等あり

御手洗

屋外にあり