第九番霊場 慈丸山 聖眼寺

〒376-0027 桐生市元宿町15-19

TEL 0277-44-6302

【 高野山真言宗 】

本 尊:大日如来

真 言:おんあびらうんけんばざらだとばん

御詠歌:わたらせを わたるたびびと みあげれば こころはなごむ じがんのみやま

 寺院紹介   

 

聖眼寺は桐生市の北西部に位置する。樹齢200年とされる市保存樹のタラヨウをはじめ高野槇や晩秋にライトアップされる大楓の懐により癒しの空間を醸している。

寺伝によると大永年間(1521~28年)の開創で、御坊木(現在の元宿・堤町)に桐生城主から寺領八十石を与えられ伽藍を建立し、寺中に六坊を持つ大寺院だったという。

 

元亀2年(1571)、太田金山城主の由良氏と桐生氏の間で戦が起こり、この時、兵火に遭い本堂を焼失してしまう。その後、天正11年(1583)、弘算法師により再興開山され、天正19年には徳川家康より朱印三十五石を賜った。再び正保年間(1644~48)の火災で伽藍を焼失するも、間もなく再建され、法灯が護られて来た。

現在の本堂は昭和40年に再建されたものである。御朱印所は、本堂に向かって右手前にある。

アクセス

わたらせ渓谷鉄道 桐生駅下車徒歩7分

 

駐車場

無料 大型無し(路上駐車) 小型 有

 

タクシー

ハイヤーセンター 0277-22-0175