第二十三番霊場 寳珠山 光明寺

〒320-0071 宇都宮市野沢町342

TEL 028-665-0545

【 真言宗智山派 】

本 尊:大日如来

真 言:おんばざらだとばん

御詠歌:ひたすらに いのるまことば るしゃなそん みちびきたまえ のちのよまでも

 寺院紹介   

 

宇都宮市街地を縦貫する釜川は、その昔「池の辺」と呼ばれ、東西二つの沼を源流として宇都宮市内へと流れ込んでいる。東の沼を東弁天沼、西の沼を西弁天沼と呼び、光明寺はその中心に位置する。それぞれの沼の水は、寺の南方にある弁天橋の先で合流し、釜川となっている。特に東弁天沼の周縁台地から約2千年前の弥生時代中期頃の土器が多数発見され、野沢式土器として一躍有名になった。

江戸時代には、日光御成街道が通じ、宇都宮宿と徳次郎宿の中間に位置していたこともあり、徳川家の墓参時には大名の休憩所としての役割も果たしていた、由緒ある寺院でもある。

天保14年(1843)、僧・栄明が本堂、薬師堂を再建。薬師堂には桜本薬師を祀ったが、その後老朽化により、薬師堂を解体、現在は鐘楼門となっている。

当時から「静桜、桜本薬師さん」と呼んで信仰を深め現在に至っている。静桜は12代目となり現在は個人の敷地内にある。薬師如来は秘仏として本堂に安置されている。

アクセス

東北道宇都宮ICより車で5分

JR宇都宮駅 路線バス8番乗り場

石那田方面行バス(50番台) 野沢寺前下車

 

駐車場

無料 小型(30台) 大型可

 

タクシー

宇都宮観光タクシー 028-627-9191

 

御手洗

有り(屋内土足禁止)