第二十四番霊場 宮應山 生福寺

〒320-0023 宇都宮市仲町2-17

TEL 028-622-5879

【 真言宗智山派 】

本 尊:大日如来

真 言:おんばざらだとばん

御詠歌:のちのよを ねがえばまいれ しょうふくじ だいしのひかり いまもとうとき

 寺院紹介   

 

当寺は宇都宮のほぼ中心部に位置しているが、大通りから一筋北へ入った道路沿いのため比較的静かである。永享10年(1438)、宇都宮等綱の開基。清原高盛の祈願所として創建された。以来、醍醐光台院末の中本寺として末寺十七ヵ寺を有していた。

古文書によると、江戸時代、城主転封の際は当寺の客殿において城郭領地の引き渡し、大明神の造営等事務引継ぎが行われたという。文化11年の火災、戊辰の戦火、第二次世界大戦の空襲等により何度も堂宇を焼失し、現在の本堂は昭和49年に再建されたものである。

境内には宇都宮の鋳物師・戸室元蕃作の市指定文化財の宝篋印塔、勤皇の志士、菊池教中の墓がある。参道の与謝蕪村の句碑は平成19年に蕪村顕彰会により建立されたものであるが、蕪村は28歳の時、芭蕉の足跡を尋ね奥州の旅に出た際、寺町の佐藤露鳩宅に寄寓していた。

 

その折に「宇都宮歳旦帳」を編集、これまでは宰鳥と名乗っていたがここで初めて蕪村を号し、世に出て行ったと言われている。蕪村号誕生の地でもある。

アクセス

JR宇都宮駅から徒歩10分

バス3分・JR宇都宮駅より宮島十字路下車

 

駐車場

無料 小型、中型(マイクロバス5台まで可)

 

タクシー

アサヒタクシー 028-633-6151

 

御手洗

有り