第二十七番霊場 武茂山 馬頭院

〒324-0613 那珂川町馬頭188

TEL 0287-92-2603

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

【 真言宗智山派 】

本 尊:馬頭観世音菩薩

真 言:おんあみりとどはんばうんはったそわか

御詠歌:むもさんの むかしをきけば もののふの ちかいをこめし ばとうかんのん

 寺院紹介   

 

健保5年(1217)、京都醍醐寺27代および30代座主である、僧・光寶によって開山された。光寶は東国巡錫の際、武茂の地に密教興隆、国家鎮護を祈念する壇林寺として「勝軍山地蔵院十輪寺」を建立し、地蔵菩薩を本尊とした。

正和元年(1312)には醍醐寺の僧・光範が「伏見院御震翰紺紙金字金泥法華経八巻」を奉納するなど、伽藍の再興に力を尽くした。

武茂城主であった藤原好綱公は地域の安寧祈願、当寺護持の為に観音堂を建立し、馬頭観世音菩薩を安置した。あわせて荘園の寄進もされた。

天和元年(1681)、領主副将軍水戸光圀公は法橋牛庵を伴い当寺を訪れ、「紺紙金字金泥法華経八巻」を鑑定し、伏見院御震翰であることを確認された。元禄5年(1692)に再度参詣され堂宇を修復し、十万石の格式を与え朱印寺とした。

 

その折に植樹された「枝垂栗」が境内中央に残されている。光圀公の命により本尊は馬頭観世音となり、寺名も「武茂山十輪寺馬頭院」と改められ、地名も武茂から「馬頭」へと改称された。

アクセス

JR烏山線烏山駅下車 コミュニティバス

馬頭鳥山線30分・馬頭院前下車 

 

駐車場

無料 小型(15台)、中型バス(5台)

 

タクシー

馬頭観光タクシー 0287-92-2705

馬頭合同タクシー 0287-92-2059