第五十七番霊場 高倉山 真野寺

〒299-2524 南房総市久保587

TEL 0470-46-2590

【 真言宗智山派 】

本 尊:千手観世音菩薩

真 言:おんばざらたらまきりく

御詠歌:よもすがら まののいりえの まつかぜに おばなぞみゆる あきのゆうぐれ

 寺院紹介   

 

「真野の大黒様」と呼ばれ親しまれ、毎年2月6日に行われる大黒天福祭りで有名である。大黒天の三福(護摩札、宝槌、柳守り)を授かれば、「諸願は成就し、あらゆる災難苦厄は取り除かれ、尽きることのない幸せをもたらす」と言われている。

 

本尊は、千手観世音菩薩。寺伝によると、霊力が大変強く非道・邪念がある人が参拝すると重い仏罰を下していた。それを鎮めるために慈覚大師が行道面をかぶせると、すべての人に優しく慈悲深い観音様になったと言う。

行道面は、開帳(丑年・午年)の時も外さないため覆面千手観音と呼ばれている。本堂には他に、二十八部衆・風神雷神・大黒天等が安置されている。この他、境内には房総一の水子地蔵尊・白寿延命地蔵尊・境内を取り巻く散歩道に設置された新四国八十八ヶ所お砂場霊場などがある。ミモザ・桜・つつじ・さつき・紫陽花・山ゆり・曼珠沙華・椿・水仙など、四季折々の花々が咲く花の寺としても知られている。

アクセス

JR内房線 千倉駅下車4km

 

駐車場

無料 普通46台 大型3台

 

タクシー

白浜タクシー 0470-44-1525

 

御手洗

あり