第五十八番霊場 飯盛山 妙音寺

〒238-0111 三浦市初声町下宮田119

TEL 046-888-2226

【 高野山真言宗 】
本 尊:不空羂索観世音菩薩
真 言:おんはんどまだらあぼきゃじゃやでいそろそろそわか
御詠歌:いつきても たえなるのりの なみのねは すくひのこえと きこゆとうとさ

 寺院紹介   

 

開創当時のことは不明だが、天正年間(1580年代)、中興の僧・賢栄により、昔の寺地、妙音寺原から現在地に移転したと伝わっている。当時は小田原北条氏の雨乞い祈願所として庇護を受けていた。

 

江戸時代には時代の荒波を受けて衰退し、長期にわたり無住となったが、大師信仰を求める地域信者や檀信徒の献身的な協力により伽藍や境内の維持がなされ、現在は「花の寺」として広く知られている。本尊は不空羂索観世音菩薩で江戸初期のものとされている。

気候温暖な三浦半島の先端部にあることから、一年中花が絶えない寺であり、まさに「花の寺」の代表格で、東国花の寺百ヶ寺の札所にもなっている。

裏山は「花山曼荼羅」と称し、その名のとおり、種々の花々と石仏群が織りなす花浄土さながらである。数多い花のなかで、この寺を代表するのは500株を超えるヤマユリ。同時期に約1500百株あるアジサイも咲き競い、仏への供花が惜しげもなく捧げられ、一山花の山と化す。

アクセス

京急三崎口駅下車徒歩15分

 

駐車場

無料 普通30台 大型5台

 

御手洗

駐車場にあり